毎日を、なまらに。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECOMMEND
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | - | PAGE TOP↑
Family Trip in KANASAWA
category: | author: tree2

久しぶりに知らない土地をふらふら。

金沢の知識を全く持たないだけに、それが新鮮だった。



京都以来、五年後ぶりの家族旅行。


親は、今年で結婚30周年を迎える。

その祝い旅行。

俺の今の歳で、もう結婚していたリアル

(´Д` )だ。


そして、なんだかんだと30年間一緒にいれるってスゴイことだ。

リスペクト

これからも仲良くいてほしい。



金沢は小京都と呼ばれる町らしく、静かでいいトコロだった。








二百年前から残るという城下町。
日本三大庭園の兼六園。
21世紀美術館を代表とする、アートの町金沢。







意外に見所があって楽しめた。



何より普段は照れ合っている家族でも、それを無くしてくれるのは、旅の魔法だと思う。



兼六園で、抹茶を飲もうとして茶屋に入ると、満席で30分待ちと言われた。



そこで親父が、
ちょっと抹茶(まっちゃ)』と言った。

気に入ったらしく五回くらい連発してた。
周りのマダムは失笑してた。

けどオカンは笑ってた。

ナイスコンビネーションだと思った。



また五年後くらいに、今度は海外に連れて行ってあげれればと思う。



p.s この写真は、兼六園にいたナイス老夫婦を後ろから撮らせていただいたもの。


て、ゆっくりすることができた。
comments(1) | - | - | - | PAGE TOP↑
TOKYO TIMES
category: | author: tree2


東京には東京にしかない流れがある。
時間だったり、人だったり、らじばんだり。



五泊六日の滞在。


夜勤明け。

GWスタート。
バス。
東京着。
高層ビル群。
路線図むずい。
人、人、人。
下北沢。
ますと再会。
散歩。

雑貨屋、服屋、飯屋、カフェ。
飽きない。
色んな人々。
マエケンもいた。
オシャレなエスプレッソ屋。
王様のブランチの女の子。
旅カフェ『Stay Happy』。
すごく好き。
ほっこりライブ。
『Oji』の山の歌。

最高の時間。

二日目。
朝から灼熱ピーカン。
多摩川焼き肉。
先輩との再会。

乾杯。
外で肉にビール。
とろける。
気持ちいい。
家族の風景。
微笑ましい。
鎌倉へ。
そよ風が心地良い。
人々のゆるさ。
饅頭屋の親父。
江ノ電の混雑。

車窓から、海とサーファー。
すごくいい街。
暮らしてみたい。
初めての江ノ島。
千と千尋みたい。

山を登る。
シーキャンドル。

カップルカップル。
夜景。

地震警報の携帯アラーム。
怖かった。
足が棒。
蒲田の串揚げ。
爆睡。

三日目。
原宿へ。
オシャレな人々。
トイレ行くのがむずい。
裏原宿。

様々な人種。
念願のツリーハウス。『HIDEAWAY』。

なまら良い。
代々木公園へ。
まったり。
都会のオアシス。

やっぱりこれが好き。
夜、バディと再会。

頑張ってる。
『Bar珊瑚』。
いい店。
キャンドルパパがマッチ。
夜は長い。
『上海倶楽部』。
東京にしかない店。
東京にしかいない人。朝まで飲む。
この感じ懐かしい。
パパイヤ宅。

四日目。
目黒へ。
ちはるのカフェ『CHUMAPARTMENT』。

落ち着く感じ。
海と再会。

中目黒。
『HATOS BAR』。
テラスがいい。
ドレメの奴等が集まった。
プチ同窓会。

各々の近況報告。
皆も頑張ってる。
三軒茶屋へ。
『315』。
かっこいい大人が集まる。
ヒートアップ。
ここも東京ならでは。
そのまま朝まで。

五日目。
インドの旅友と再会。
変わらない。
旅友の写真展へ。

感銘。
引き込まれた。
いつか飾りたい。
高円寺の『成都』。
繋がりのシンクロニシティ。
酒を飲み、思い出を。
旅カフェ『SmileEarth』へ。
新たな出会い。
またシンクロニシティ。
旅の力。
下北沢『またたび』へ。
『うんこ』の旅友と再会。
相変わらず、いい空気感。
話をできて良かった。
結構飲んだ。
ティンガティンガ。
ラーメン『頭』。

餃子が旨い。
雨の中を裸足で帰る。
ばかやろー。

おっくんの家。
夢の中。

六日目。
渋谷。
カンボジアのチャリダー仲間。
ラオスの宿仲間。
中東の旅仲間。
総勢12人の旅友と再会。

皆JAPANモードでオシャレ。
ちょっと照れる。
こんなに集まってくれて嬉しかった。
三年前は旅先。
今年は東京。
なんか素敵。
皆が見送ってくれた。
ギリギリバスへ。
郷に入れば、郷に従え。
やっぱり旅スタイル。
愛知へ帰る。
そして今。




ふ〜、書いたな。
今回の東京も世話しなかったな〜。

やっぱり毎度飲んだ暮れ。


けど再会してくれた人や、新たに出会えた人。

良かった。
ありがとうございます。


なんか色々想ったことはあるけど、これからゆっくり消化して行きます。




愛知のTOYOTAの寮。
昨日までの宴が嘘のように静かで、珍しく寂しさを覚えています。




comments(0) | - | - | - | PAGE TOP↑
伊良湖岬ショートトリップ(三河弁ver.)
category: | author: tree2

カレーを煮ている間に、近況でも書こうか。

※『』の中が三河弁ね。



週末、キムと二人で伊良湖岬に行ってきた『じゃんね』。


天気もばっちり快晴、春を感じたん『だら〜』。



なぜ急に伊良湖岬に向かったかというと、その辺りに旅で出会った友達が住んでいる『んだもんで』。



二年ぶりに再会。

インド・ネパールで会ったイヨちゃんぐ。




イヨちゃんは、バリバリの三河弁を話すので、色々教わりました。

師曰く、三河は
『じゃんだらりん』が基本とのこと。





飯を食いドライブへ。



この辺りは、波が良いみたいで、三月始めというのに、サーファーがウヨウヨ。

気持ち良さそう。






今の時期こちらでは、菜の花が旬なようで、菜の花フェスティバルなる野外フェスがやっていました。






菜の花畑なんて初めて『だが〜』。

菜の花ジェラートなるものも、
『食べりん、食べりん』と言われて頂きました。






その後、海を散歩して夕陽の見える岬まで。

いや〜、この夕陽は
『ど』綺麗でした。



もうヤシの木なんか生えちゃってね。


『でら』グレートルフブリリアントサンセット。











そして陽も暮れ、豊橋でインドカレーを食って、終了。


海に、花に、夕陽に。

いや〜、いい休日ショートトリップだった『だに〜』。

満足満足。

郷に入れば、郷に従え。

やっぱ旅はこれですな。

イヨちゃんありがとう。





では、カレーもできたので、また。


最後に、
ゲイップルぽいナイスな一枚。





comments(1) | - | - | - | PAGE TOP↑
旅欲
category: | author: tree2

旅したい。


生まれた場所と違うところで生活し始めたからなのか、そんな思いがふつふつ沸いています。


ここが本州の真ん中にあるため、いろんな場所にアクセスしやすいというのもその理由の一つでしょうか。

北海道だと、なかなか島を出れないからね。


日本中旅したいな〜。

またチャリもいい。

次はバイクもいい。

はたまた歩きもいい。



あぁ、にほん。



屋久島


熊野古道


厳島神社


知床


富士山


白川郷


蔵王


四国お遍路


竹田城



今一番興味がある
北アルプス






あぁ…
comments(3) | - | - | - | PAGE TOP↑
tabibonっていう本が出たよ〜。
category: | author: tree2

本が出たよ〜。
『tabibon』っていう本が。

50人の旅人の、50通りの旅。
それが一冊の本になりました。



tabibon。
面白い本でしょ。

五十人五十色。
色んな旅のカタチがあります。
バカヤローな旅人もいます。
クレイジーな旅人もいます。
(いい意味でね。)

皆、いい旅してて、面白い。


縁あって、作者の一人として参加させてもらってます。




以前このブログで紹介した、
『うんこ』のおっくんに、お誘いをもらいました。

インドのゴアで、奇跡の年越しを一緒に過ごしました。

旅人の写真と文章を、ほぼ一人で編集しちまったおっくん。
パッションを感じました。


本を出す。っていう一つの夢を叶えてくれました。

やっほう。
なまらありがとう。



旅に出たい人、旅が好きな人、
写真を見たい人、旅話を読みたい人、
俺を好きな人。

皆さん是非読んでみてください。



tabibon
路上出版
?1500(税込)

ちなみに、東京の高円寺にあるヴィレッジバンガードに、このtabibonが置いているそうです。

東京在住の方、読んでみちょ。


もちろん、俺からも直接買えます。

興味がある方はコメント、またはメール等ください。
郵送もしますえ。

meer loungeにも置いてます。
俺に会いに来がてら、
酒を飲みがてら、
tabibon読みがてら、
しちゃってください。



たびぼん ぼん ぼやーじゅ!
comments(6) | - | - | - | PAGE TOP↑
tabibon
category: | author: tree2

いやあ、今日のサッポロは、陽気な天気でしたね。
春を通り越して、夏が来たんじゃないかつってね。

BBQでもしたいね。
6月入ったらしようか。


もう6月か。
年越しからもう半年も…
って、毎年これ言ってるな。

日本に帰ってきてからも、もう一年以上の時間が流れた。

今でもたまに旅の些細な出来事を思い出します。


旅で出会った旅人との縁があり、面白い企画に参加させてもらいました。

詳しくはまた書くけど、

旅人50人で一つの本を作るというもの。

tabibon



その一人として、参加させてもらったんですよ。


で、その本が明日届きます。

楽しみ。


企画の話とか、本の内容とか、

詳しくまた次回。

ちゃおず。

comments(0) | - | - | - | PAGE TOP↑
180°south
category: | author: tree2

久々の映画館で。

『180°south』

自然環境や、自然と生きる人々の話、
アウトドア、旅や冒険、自然への敬意。

旅の様子や、クライミング、
サーフィンなんかの映像と共に色んな話が語られていた。


都会で生活してると、忘れちゃうなんかがあったと思う。


しかし、70歳を迎えてもなお、重いザックを背負って旅をして、若者と同じように山を登る、パタゴニアの創始者イヴォン、ノースフェイスの創始者ダグがすごかった。

自然と長く付き合っている人は、何か特別なモノを持っていると思う。
それに、地球や自然の事を本気で想っているだと思った。

http://www.180south.jp/

comments(2) | - | - | - | PAGE TOP↑
なまらチャリダーな友達について
category: | author: tree2
 
なまらお久しぶり

残暑の中、皆様お元気でしょ〜か。

うっす。


いやあ、こうしてPCに向かうのも久々だもんで。

というより、一人暮らしの部屋に寝るのも久々だもんで。


一週間ほど、友達に部屋貸してたんですよ。

貸し暮らしのアリエッティですよ。

そんで、その友達ってのが、また凄い奴なんです。


うんこ」や「ごりら」な友達に引き続き、今宵も僕の友達を紹介します。

なまらうんこな友達について

なまらごりらな友達について





名前はロジャー&ミレイです。スイス人です。


スウィ



ん〜、なまらナイススマイルですね。


とりあえずTシャツを見ればわかるように、彼らは根っからの

なまらチャリダー です。

チャリダーってのは、自転車で旅をする人々のことです


彼らなんと、スイスを出発してから二年間ずっと自転車で旅をしています。

あんびり〜ばぼ〜

日本はなんと、16カ国目。

くれいじ〜


彼らと出会ったのは、もう一年近く前のタイ。

その時は、俺もチャリダーで、中学生のゲンキと、ヒロ君と自転車旅をしている時。

タイの宿で出会い、お互い異国を走るチャリダーとして数分間のト〜クをしました。


この時は、あんまり話さず連絡先だけ交換して、

日本に来たら札幌においでよ〜」って軽い感じだったけど。

まさかこのなまら札幌に、本当に来てくれるとはね。

いや〜、上がった。


そういう運びで、彼らは俺の部屋を使い、札幌を観光していきました。

借り暮らしのロジャー&ミレイッティって訳です。

アリィ





タイで撮った二人。

ん〜、やはりナイスウィスマイル。


こうやって、旅で出来た友達が来てくれるって、なまらグットなことです。


なかなか忙しくて、あんま遊べなかったけど、
日本食も一緒に食えたし、酒も呑めたし、良かった酔かった。

ウィ〜



WORLD JAPANESE FOODIN ENにて。

二日前ロジャーとミレイは、大雪山→知床へ向かって旅立ちました。
もちろんチャリでね。


北海道を周って、また札幌へ戻ってきてくれるようです。

そん時は、ロジャーと一緒に温泉入りてえな〜。

足ないから誰か連れてって〜!


うっす。









comments(4) | - | - | - | PAGE TOP↑
なまらゴリラな友達について
category: | author: tree2





あ〜、暑ぃ〜のなんのって。

どうも、最近痩せたと言われます。

昨今、日本の気候が変わっているらしいです。
暑い前線が北へ上がってきていて、米やなにやらの育ちがいいみたいですね。

秋田とかで、調子良かった米が、北海道でより良く育つ。

そのうち「どさんこまち」的なのが、できそうですね。

北海道は、でっかいど〜。って、一回叫んでみたいですね。



で、このゴリラの件ね。


今夜はそんな北海道に、ある男が帰って来たんですよ。

なまらゴリラな友達、アキ君です。

びん



彼とは、半年ほど前にエジプトのカイロで会いました。

日本人宿「サファリ」のドミトリーで、隣のベットになったのがきっかけで、
一緒にシーシャを吸ったり、ピラミッドを見たり、海で太鼓叩いたり、ジョジョ立ちしたりしました。

ん〜、懐かしい。

ぴん



ピラミッドを眺めるアキ君。



ダハブで太鼓を叩く。アキ君は、アフリカのマリで、ママアフリカから修行済み。
俺は、アダモ。


室蘭出身で、同郷という事に上がり、お互いなまら「なまら」を連呼してました。笑


ま〜、なぜ彼が「なまらゴリラ」かと言うと・・・


彼、一年半の間、ゴリラに会うための旅をしてたんです。

しかも、アフリカの山奥の、シルバーバックっていうゴリラに。

ごりん



これシルバーバック。俺も今ネットで初めて見たけど、
なまらかっけ〜。わや



俺も一年間の旅をしてきたけど、
「ゴリラに会うための旅」をしていたのは、やっぱ彼だけ。

なんでゴリラなの?って聞いたら、
「いや〜、なんか昔から好きなんだよね〜」って、言ってました。


なんかカッコイイですね〜。
スタイル出してて。



今夜は、沖縄料理を食いながら、これまたエジプトで出会った、
札幌出身の旅人カオリさんと三人で、アキ君のシルバーバック話で盛り上がりました。

はん



まだまだ旅心が生きているアキ君。

こうして、異国の路上で出会った人と、地元で再会して、
思い出話に花を咲かせるってのは、いいもんですね。

彼は、なまらいい男でした。

今後の彼の動き、要チェケら。


アキ君のblog

Go For シルバーバック
http://ameblo.jp/silverbackpacker/

タイトルからしてイケてる。


俺もシルバーバック会いてえ。







comments(7) | - | - | - | PAGE TOP↑
なまらうんこの友達について
category: | author: tree2


友達に、うんこをする人がいます。


その友達が先日、本を出版したんです。

それは、なんと・・・


うんこの本。


なまら飛んでますね〜。


じゃん



〜 うんこに咲く花2〜出版・アジア編〜
  著者 おっくん
  価格 1500円(似顔絵付き)
  販売 ネット or 路上
  内容 あの路上にて空前の大旋風を巻き起こした問題作の第2弾。
  『うんこの本を出したい。』
  そんなバカげた夢を追い続けた男を待ち受けていたものとは。
  アホらしいことに全力を。 諦めやんだら奇跡は起こる。
  そして今回はアジアだぜ!  〜



しかし、このタイトル。

いいですね〜。



ちょっと前に届いたんです。その本が。


で、読んでみました。



面白かった。



素直に、それが感想。


そして、夢を追うことって、本当になまら大切なことだと思いました。


彼の本を読んで、より一層そう感じました。


「うんこの本」を出す。

どんな夢でも、叶うんです。


夢を叶え続けている彼、なまらかっけ〜。


俺も頑張ろ。



おっくんとは、インドのゴアの年越しで出会って、
一緒にぶっ飛んだ年越しレイヴで踊り、
共に2009年最後の奇跡の満月と、2010年最初のミラクルな初日の出を拝みました。

彼は本当に、いっつも「うんこして〜」って言ってました。


初日の出を待ってる時も、
「日の出じゃなくて、うんこ出てこい!」とか言ってました。



ほんの少しの間しか会ってないけど、
なんか身近な存在に感じちゃうんですよね〜。


なまら温かいオーラ持ってるっていうか。


なまらうんこ面白い人。





いや〜、みなさんにも是非このうんこの本読んで欲しいですわ。

この先要チェックな、おっくんをよろしく!


「うんこに咲く花」ここで買えます
http://sarukitoukai515.cart.fc2.com/

「うんこに咲く花公式ブログ」
http://unkonisakuhana.seesaa.net/


ちなみに、俺の写真も載っていました。



わかるかな?


わかんないよね。

じゃあ、買って実際に見ちゃえばいいです。




comments(5) | - | - | - | PAGE TOP↑
PR
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH